絶対に肌の質感を壊さないで綺麗にレタッチする人物修正テクニック

レタッチャーの大谷です。

今回のレタッチテクニックは

人物修正の極意

絶対に肌の質感を壊さないで綺麗にレタッチすることができる

人物修正テクニックです。

まずはbefore,afterをごらんください。

人物肌修正 - before / after

レタッチはやりすぎてしまうとレタッチ感が出てしまいます。

肌の表面をぼかすやり方もありますが今回ぼかしは使用しません!

この方法は肌を自然に美しく見せる肌修正テクニックです。

それでははじめてみましょう。

1.肌の目立つ、ニキビやシミを削除する

こちらが元データです。

人物肌修正元画像

はじめにやる事はおそらくみなさんがやる作業と同じです。

一つレイヤーを作り《肌ベース修正》と名前をつけます。

レイヤー構造1

ここにスタンプツールやスポット修復ブラシツールを使い目立つ肌荒れ、不要なまゆ毛等を丁寧に削除していきます。

今回は大きめの目立つ赤マーク部分のシミやニキビ等を削除します。

人物肌修正修正箇所マーク

2 .シミマスクを作成する

ここからが重要ポイントです。

................

ここからは有料noteで公開中です。

PHOTOSHOP/もうボカさない!絶対に肌の質感を壊さないで綺麗にレタッチする人物修正テクニック

レタッチのお仕事はこちらまでお願いします!!

-------------------------------------------

nordworks35@gmail.com

-------------------------------------------

その他レタッチサンプルはこちら

写真修正レタッチサービス「NORD WORKS」

レタッチャー 大谷

ABOUT
画像修正レタッチサービス NORDWORKS

レタッチ専門事務所NORD WORKS代表

オオタニキミト

写真修正・写真加工等の広告写真レタッチ専門

不要物削除等の単純な写真修正から、人物修正、商品修正、合成を駆使したビジュアル制作まで、写真に関する事であれば何でもご相談ください。

Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square