レタッチにペンタブレットは必要か。

May 4, 2018

こんにちは。

 

札幌を拠点とし活動中のNORD WORKSレタッチャーのオオタニです。

 

本日はペンタブレットについて書いてみます。

 

 

 

 

よくSNSを通してペンタブは使ったほうがいいですか?とか

どのペンタブ使えばいいですか?使いやすいのはどれですか?なんてことを聞かれます。

答えとしてはもちろんペンタブレットは絶対に使ったほうがいいです。

レタッチにペンタブがないなんてもぉ信じられません。

ペンタブがないとレタッチャーという職業すらなかったのでは?とも思うのです。

本当に何十倍もスピードが違ってくると思います。

レタッチ時にでてくるブラシワークや切り抜きはペンタブがないと本当に厳しい部分だと思いますので、レタッチをするならペンタブは絶対に絶対に使ってください。

 

どのペンタブがいいですか?

 

一応私はレタッチのプロとして活動しているのでWacom Intuos Proを使用しています。

が、正直安い1万円以下のペンタブでもレタッチは可能です。

実は数年程前にWacom Intuos Proが壊れて安いwacomのBambooという1万円以下で購入したペンタブレットを臨時で使っていました。
すでに型があたらしくなっているのでBambooシリーズ販売しておりませんが、安い型でも十分すぎるほど使えます。
本当に全く問題ないくらいの感じでもぉこのままこの安いペンタブでいいのでは??と思ったくらいです。

しかし事務所レタッチ用と外でレタッチする用に2つほしかったので、今はメインではWacom Intuos Proを使用し、撮影現場やレタッチセミナー等の外部で作業するときに小さな安めのペンタブを使用してます。

 

で、結局どれ買えばいいの?

 

Intuos Proの方が筆圧感知がよいのですがコスパ的にはもぉ1万前後のペンタブが一番だと思ってます。

もちろんいいものを使うというのは良いことなのですが予算がなくて高級ペンタブが買えないからマウスで作業という方は是非安いペンタブでいいので使ってみてください。

1万円前後のペンタブで十分なのでそこからスタートしてみるといいと思います。

今でているのであればWacom Intuosシリーズでしょうか。

なれると作業スピードが何倍にもなり、気がつけばマウスは使わなくなりwebをみるのもペンタブ、メールを書くときもペンタブ。

打ち合わせにもペンの代わりに間違ってペンタブのペンを持っていってしまった。。(※レタッチャーあるある)なんてことも多発するくらいペンタブが手放せなくなるはずです。

 

ということでレタッチやるならペンタブは絶対です。
 

私のオススメペンタブはこちら。

 

道具にこだわりプロを目指すならこれ (私が使っているモデルです)
サイズ:M

 

ワコム ペンタブレット ペンタブ Wacom Intuos Pro Mサイズ 2017年 ペン入力 板タブ Wacom Pro Pen 2 付属 Windows Mac 対応 PTH-660/K0

 

 

お試しでコスパがいいのはこれ
 

サイズ:S

TCTL4100/K0

 

サイズ:M

TCTL6100WL/K0

 

 

では

 

また。

 

 

NORD WORKS blog : レタッチテクニックはこちら

 

レタッチャー大谷のnoteはこちら

 

 

Please reload

ABOUT
画像修正レタッチサービス NORDWORKS

レタッチ専門事務所NORD WORKS代表

オオタニキミト

写真修正・写真加工等の広告写真レタッチ専門

不要物削除等の単純な写真修正から、人物修正、商品修正、合成を駆使したビジュアル制作まで、写真に関する事であれば何でもご相談ください。

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags