綺麗なレタッチをするための下準備『裏テクニック』

March 27, 2018

こんにちは。

 

札幌を拠点とし活動中のレタッチャーのオオタニです。

 

本日はレタッチをする前の下準備テクニックです。

 

 

 

みなさんよく人物や背景などをより美しくするためにレタッチをしていますよね。

 

肌であればくすみやニキビ、シミ、シワをとり、美しい空や水中であればゴミや不要物を削除したり。

 

しかしそのままスタンプツールや修復パッチツールなんかでガシガシ作業していませんか?

 

じつはそれ元々の豊かなグラデーションをもった情報を壊している可能性があります。

 

実は素のデータでは見えにくい美しい階調が隠されていてこれが壊れると仕上がりにの美しさに差がでてくるのです。

 

 

そこでご紹介するのがこちら!!

 

レタッチ前のチェック用トーンカーブシリーズ。

 

この3つがあれば見えないものが見えてきます。

 

1.階調チェック用

トーンカーブをこのように波波にすることで目では確認しずらい階調の境界線が見えてきます。

同じ階調エリアからスタンプポイントを拾うことで美しいグラデーションの階調を壊さぬようレタッチすることが可能になります。

 

 

 

 

2.明るめトーンカーブで暗闇に潜んでいる見えないゴミを引き出す用

こちらは単純なトーンカーブの真ん中をグイっと持ち上げた明るめトーンカーブ。

これで暗闇に潜んでいるゴミや不要な髪のなども丁寧に削除できますね。

 

 

 

3.暗めトーンカーブで白飛び気味のゴミを引き出す用

最後は先程の明るめの逆。

いままで気にならなかったゴミやシミをこの暗めトーンカーブで見える化します。

これで光に隠されたゴミや不要なゴミやシミなども丁寧に削除できますね。

 

 

 

ということで基本この3つのトーンカーブでチェックしながらレタッチすると作業効率もあがり

また、レタッチ漏れも防げるはずです。

 

この3つがワンクリックでできるアクションをつくっておくとものすごく便利。

 

 

では

 

 

また。

 

 

関連記事:絶対に肌の質感を壊さないで綺麗にレタッチする人物修正テクニック

 

 

 

レタッチのお仕事はこちらまでお願いします!!

-------------------------------------------

nordworks35@gmail.com

-------------------------------------------

 

その他レタッチサンプルはこちら

写真修正レタッチサービス「NORD WORKS」

 

レタッチャー 大谷

 

 

 

 

Please reload

ABOUT
画像修正レタッチサービス NORDWORKS

レタッチ専門事務所NORD WORKS代表

オオタニキミト

写真修正・写真加工等の広告写真レタッチ専門

不要物削除等の単純な写真修正から、人物修正、商品修正、合成を駆使したビジュアル制作まで、写真に関する事であれば何でもご相談ください。

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags